--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

削足適履(さくそくてきり)

2010年01月20日 12:04

『削足適履』
(さくそくてきり)

四字熟語

【意味】
本末を取り違えて、無理に物事を行うたとえ。折り合いをつけて、無理に合わせるたとえ。
また、目先のことにとらわれて、根本を考えないたとえ。
大きな足を削り落として、靴に合わせる意から。


解説:
「適」は合わせること。「履」は靴・はきものの意。
「足あしを削けずりて履くつに適てきせしむ」と訓読する。
用例:
出典:
淮南子』説林訓
英訳:
類義語:
対義語:




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/91-5afe2ecb
    この記事へのトラックバック

    削足適履(さくそくてきり)

    『削足適履』 (さくそくてきり) 靴に合わせるために自分の足を削るように、 事の本末を誤ること。 【出典】『淮南子』




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。