--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機に因って法を説く(きによってほうをとく)

2014年03月05日 22:07

『機に因って法を説く』
(きによってほうをとく)

ことわざ

【意味】
相手の能力や素質に応じて適切な説法をするということ。

解説:
「機」は、仏教語。
仏の教えに触発されて目覚める精神的能力。

用例:

出典:
英訳:
類義語:
人を見て法を説け
対義語:


言葉「き」

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/878-c4de4f18
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。