--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳を掩うて鐘を盗む(みみをおおうてかねをぬすむ)

2013年02月10日 00:00

『耳を掩うて鐘を盗む』
(みみをおおうてかねをぬすむ)

ことわざ

【意味】
1.良心に反する行為をしていながら、強いてそのことを考えないように努めること。
小策を弄して自分を欺くこと。
2.自分では悪事を巧く隠し果せたと思っていても、
世間の人は皆知っているということ。


解説:

用例:

出典:
英訳:
類義語:
耳を掩うて鈴を盗む / 目を掩うて雀を捕らう
対義語:


言葉「み」


ことわざ大好き!?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/834-8ec40500
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。