--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)

2012年05月15日 23:45

『狐疑逡巡』
(こぎしゅんじゅん)

四字熟語

【意味】
きつねが疑い深いように、なかなか決心がつかず、
ぐずぐずしていること。優柔不断なさま。


解説:
「逡巡」は後ずさりする、ためらいぐずぐずすること。
「巡」は「循」とも書く。

用例:
幼い子供のとき、店の間の畳の上へ下りて行くときの、
あの狐疑逡巡の気持と同じではなかったか、
<宇野千代・或る一人の女の話>

出典:
英訳:
類義語:
右顧左眄(うこさべん)/ 首鼠両端(しゅそりょうたん)
/ 遅疑逡巡(ちぎしゅんじゅん)
対義語:


言葉「こ」




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/752-9d89bf01
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)】

    『狐疑逡巡』(こぎしゅんじゅん)【四字熟語】【意味】きつねが疑い深いように、なかなか決心がつかず、ぐずぐずしていること。優柔不断なさま。■解説:「逡巡」は後ずさりする、ためらいぐずぐずすること。「巡」は「循」とも書く。■用例:幼い子供のとき、店の間の畳...




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。