--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤子の手をひねる(あかごのてをひねる)

2012年04月26日 00:00

『赤子の手をひねる』
(あかごのてをひねる)

ことわざ

【意味】
容易にできることのたとえ。
また、力量が劣る者をたやすく打ち負かすこと。


解説:
力が弱い赤ちゃんの手をひねることが容易であることから転じたことわざ

用例:

出典:
英訳:
No pains, no gains.
類義語:
赤子の腕をねじる
対義語:


言葉「あ」


セカンドライフ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/743-e12de3ea
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【赤子の手をひねる(あかごのてをひねる)】

    『赤子の手をひねる』(あかごのてをひねる)【ことわざ】【意味】容易にできることのたとえ。また、力量が劣る者をたやすく打ち負かすこと。■解説:力が弱い赤ちゃんの手をひねることが容易であることから転じたことわざ。■用例:■出典:■英訳:No pains, no gains. ...

    赤子の手をひねる

    ■赤子の手をひねる (あかごのてをひねる) 【意味】 容易にできることのたとえ。 また、力量が劣る者をたやすく打ち負かすこと。 【解説】 力が弱い赤ちゃんの手をひねる




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。