--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離合集散(りごうしゅうさん)

2012年04月17日 00:10

『離合集散』
(りごうしゅうさん)

四字熟語

【意味】
離れ離れになったり、集まって再会したりすること。

解説:
「離合」は離れることと一つに集まること。
協同したり反目したりすること。
「集散」は集まることと離れ去ること。
「集散離合しゅうさんりごう」ともいう。
「集」は「聚」とも書く。

用例:
三成は戦国の離合集散のなかで叩たたきあげた男ではなく、
秀吉の秘書官として大名に成りあがった官僚育ちだけに、
自分自身が秀吉に随順したように他人ひともそうするものと頭から思っていた。
<司馬遼太郎・関ヶ原>

出典:
英訳:
類義語:
雲集霧散(うんしゅうむさん) / 合従連衡(がっしょうれんこう)
/ 分合集散(ぶんごうしゅうさん) / 離散集合(りさんしゅうごう)
/ 集散離合(しゅうさんりごう)
対義語:


言葉「り」




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/738-74469e1b
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。