--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船頭多くして船山へ上る(せんどうおおくしてふなやまへのぼる)

2012年01月12日 23:54

『船頭多くして船山へ上る』
(せんどうおおくしてふなやまへのぼる)

ことわざ

【意味】
指図する人が多過ぎると、却って統制が取れず、
とんでもない方向にものごとが進んでいくものだということ。


解説:
獅子は、産んだ子を深い谷に投げ落とし、
這い上がってきた強い子だけを育てるという言い伝えから。

用例:

出典:
英訳:
Too many cooks spoil the broth.
類義語:
下手の大連れ / 役人多くして事絶えず
/ 舎を道傍に作れば三年にして成らず
対義語:
三人寄れば文殊の知恵


言葉「せ」


ことわざBLOG

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/712-c4558709
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。