--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗字帯刀(みょうじたいとう)

2011年08月29日 03:40

『苗字帯刀』
(みょうじたいとう)

四字熟語

【意味】
江戸時代、家柄や功労によって平民が特に苗字をとなえ、
帯刀を許されたこと。


解説:
「名字帯刀」とも書く。

用例:
そんな大金の調達を申し付けるかわりには、
新政府でそれ相応な待遇を与えなけりゃなるまい。
こりゃ俺達の時代に藩から苗字帯刀を許したぐらいのことじゃ済むまいぞ。
<島崎藤村「夜明け前」>

出典:
英訳:
類義語:
対義語:


言葉「み」




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/647-3b112ce5
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。