--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孟母三遷(もうぼさんせん)

2011年06月17日 23:40

『孟母三遷』
(もうぼさんせん)

四字熟語

【意味】
子供のため最善の環境を整えることのたとえ。

解説:
中国の戦国時代、大儒家孟子は、幼い頃墓のそばに住んでいたが、
葬式のまねごとばかりしていたので、孟子の母は、街中に越した。
そうすると、商売のまねごとで遊んだ。母親は、
今度は学校のそばに引っ越した。
そうすると、礼儀作法を学ぶようになったので安心し、
そこに定住した故事に由来する。

用例:

出典:
列女伝
英訳:
to be covered with cuts and bruises
類義語:
孟母三居(もうぼさんきょ) / 慈母三遷(じぼさんせん)
/ 孟母断機(もうぼだんき)
対義語:
慈母敗子(じぼはいし)


言葉「も」




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/595-da5150bf
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。