--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自業自得(じごうじとく)

2011年05月23日 10:45

『自業自得』
(じごうじとく)

四字熟語

【意味】
自分がなした悪事のために、自分の身にその報いを受けること。
自分がしたことの報いは、必ず自分自身が受けるという教え。


解説:
もとは仏教語で、自分の行為の善悪が、苦楽の結果をまねくという意味だが、
一般には悪行の報いとして苦しみを受ける場合に用いる。
「業」は行いの意。

用例:
今我々親子の世間から疎うとまれているのは、
自業自得の致すところで、不名誉の極です!
<尾崎紅葉・金色夜叉>

出典:
英訳:
to lie in the bed one has made
類義語:
自縄自縛(じじょうじばく) / 因果応報(いんがおうほう)
対義語:


言葉「し」




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/572-aec2c5de
    この記事へのトラックバック

    自業自得(じごうじとく)

    『自業自得』 (じごうじとく) 自分の行いの報いを自分が受けること。 一般には悪い報いを受ける場合に用いる。 【類義語】自縄自縛 / 因果応報 四字熟語日記




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。