--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手枷足枷(てかせあしかせ)

2011年05月07日 23:38

『手枷足枷』
(てかせあしかせ)

四字熟語

【意味】
立場や自由な動きを束縛するもの。

解説:
「枷」は刑具の一つで、首や手足にはめて自由に動けないようにするもの。
転じて、「手枷」「足枷」はともに自由を束縛するものの意。
同義語を重ねて強調した言葉。
「枷」は「がせ」とも読む。

用例:
幾時代かの伝習はその抗しがたい手枷足枷で女を捉とらえた。
そして、この国の女を変えた。
遠い日本古代の婦人に見るような、
あの幸福で自己を恃たのむことが厚い、
<島崎藤村・夜明け前>

出典:
英訳:
類義語:
対義語:


言葉「て」




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/558-53e64089
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。