--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漱石枕流(そうせきちんりゅう)

2009年12月24日 12:11

『漱石枕流』
(そうせきちんりゅう)

四字熟語

【意味】
自分の言ったことの誤りを指摘されても直そうとしないこと。
また、負け惜しみをしてひどいこじつけをするような偏屈な態度。


解説:
支那晋時代の孫楚が「石に枕し流れに漱(くちすす)がん」と言うところを
「流れに枕し石に漱ぐ」と言い誤ったのを聴いた王済が指摘したところ、
孫楚は「流れに枕する理由は雑言を聴いた耳を洗うため、
石に嗽ぐ理由は悪口を言った口を洗うため」と答えたことに由来する。
自分の間違いを認めないでこじつけでその間違いを正当化したことから、
負け惜しみが強いという意味になった。また文学者、夏目漱石の名前の由来ともなった。
用例:
出典:
晋書』孫楚伝
英訳:
learning from each other
類義語:
牽強付会(けんきょうふかい)/孫楚漱石(そんそそうせき)
対義語:


セカンドライフ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/53-dd41b42a
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。