--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多岐亡羊(たきぼうよう)

2011年03月29日 03:26

『多岐亡羊』
(たきぼうよう)

四字熟語

【意味】
方針がいろいろあって、どうしてよいか迷うこと。

解説:
中国戦国時代、逃げ出した一匹の羊を追いかけたが
分かれ道が多くて取り逃がしてしまったことを聞いた思想家・楊朱が
「学問の道も同様だ」と嘆いたという故事から。
「岐多くして羊を亡う」と訓読する。

用例:
三百の諸侯各一政府を設け、君臣上下の分を明らかにして
生殺与奪の権を執り、その堅固なること
これを万歳に伝うべきが如ごとくなりしもの、
<福沢諭吉・文明論之概略>

出典:
列子
英訳:
類義語:
岐路亡羊(きろぼうよう) / 亡羊之嘆(ぼうようのたん)
対義語:


言葉「た」


四字熟語・格言を覚えよう

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/520-0e908c5f
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。