--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一陽来復(いちようらいふく)

2010年12月24日 11:15

『一陽来復』
(いちようらいふく)

【ことわざ】

【意味】
よくないことが続いた後に、よいことがめぐってくる意。

解説:
厳しい冬が終わると暖かい春が訪れる。
これが転じて、逆境が続いた後には運が開けるという
意味に使われるようになった。

用例:
この冬いっぱいも無精をして引きこもっていれば、
春にはそれこそ、一陽来復でまた元気になるよ。
<野上弥生子・秀吉と利休>

出典:
易経
英訳:
swing from the negative to the positive
類義語:
対義語:


言葉「い」


麗しのApple

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/426-7dd32ccc
    この記事へのトラックバック

    一陽来復(いちようらいふく)

    一陽来復(いちようらいふく) 意味: よくないことが続いた後に、 よいことがめぐってくる意。 用例: 出典:『易経』 英訳:swing from the negative to the positive 類義語: 苦尽甘来(くじんかんらい) 対義語: 四字熟語・格言BLOG




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。