--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手練手管(てれんてくだ)

2010年12月22日 10:37

『手練手管』
(てれんてくだ)

【ことわざ】

【意味】
思うままに人を操りだます方法や技術のこと。
あの手この手と、巧みに人をだます手段や方法。


解説:
手練手管とは、遊郭の「さと言葉」といわれる業界用語から起こった言葉。
「手練」は「巧みな技」、 「手管」は「多彩な技」のこと。

用例:
出典:
英訳:
arts and wiles /finesse of love
類義語:
対義語:


言葉「て」


ことわざ大好き!?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/424-11bcf9a8
    この記事へのトラックバック

    手練手管(てれんてくだ)

    『手練手管』 (てれんてくだ) 人をだます手段。 「手練」も「手管」もともに人を操る駆け引きの手際、技巧。 同義語を重ねて意味を強めたもの。 【英訳】arts and wiles /finesse of love 四字熟語日記




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。