--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大悟徹底(たいごてってい)

2010年11月28日 12:09

『大悟徹底』
(たいごてってい)

四字熟語

【意味】
物事の本質・真理を悟って執着心・煩悩を断ち切り、吹っ切れた心境になること。

解説:
仏教語で、「大悟」は大いに悟る意。「だいごてってい」とも読む。

用例:

出典:
無門関
英訳:
類義語:
廓然大悟(かくねんたいご)/恍然大悟(こうぜんたいご)
/ 心頭滅却(しんとうめっきゃく) / 則天去私(そくてんきょし)
/ 無想無念(むそうむねん) / 無念無想(むねんむそう)
/ 明鏡止水(めいきょうしすい)
対義語:


言葉「た」


『無門関』を読む―ひろさちやのウルトラ禅問答

『無門関』の教え―アメリカで禅を説く

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/400-48ce6b9d
    この記事へのトラックバック

    【四字熟語】大悟徹底(たいごてってい)

    ■大悟徹底(たいごてってい) ■四字熟語-意味: すべての迷いを打ち破り、煩悩を離れて悟りきること。 ■解説: 仏教語。「大悟」は大いに悟ること。 「徹底」は隅々までとどく、一貫している意。 「...




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。