--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積善の家には必ず余慶あり(せきぜんのいえにはかならずよけいあり)

2010年08月05日 12:39

『積善の家には必ず余慶あり』
(せきぜんのいえにはかならずよけいあり)

ことわざ

【意味】
善行を積み重ねた家には、
必ず思い掛けない良い事が起こり、幸福になる。
また、子孫にまで慶事が起こるものである。


解説:
「余慶」とは、祖先の善行の報いとして子孫が受ける幸福。

用例:
出典:
易経
英訳:
Happiness will visit the family that has done good deeds.
類義語:
対義語:

言葉「せ」


人生に生かす易経

まんが易経入門―中国医学の源がわかる

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/294-62bbc2d0
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。