--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敢えて天下の先とならず(あえててんかのさきとならず)

2009年11月24日 17:43

『敢えて天下の先とならず』
(あえててんかのさきとならず)

ことわざ

【意味】
何事も先頭に立つようなことはせず、謙虚な態度をとることが重要だということ。


解説:
中国、春秋時代の思想家、老子が「私には三つの宝がある」と言った。
第一に「慈愛」、第二に「倹約」、第三に「天下の人々の先頭に立たないこと」。
用例:
出典:
老子
英訳:
類義語:
対義語:




敢えて天下の先とならず-古典と楽しむ名言集

敢えて天下の先とならず-茶臼山古墳的 日々是好日

敢えて天下の先とならず-ちっちのブログ

敢えて天下の先とならず

敢えて天下の先とならず 森田順子

老子全81章

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/23-c7755bc7
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。