--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和洋折衷(わようせっちゅう)

2010年05月22日 21:31

『和洋折衷』
(わようせっちゅう)

四字熟語

【意味】
日本と西洋の二つの風俗、様式を適当に取り合わせること。
和洋折中。


解説:
「和洋」は、日本と西洋の様式。
「折衷」は、あれこれと取捨して調和させ、
そのほどよいところをとること。
「和洋折中」とも書く。

用例:
ヒョロリと背の高いノロッとした給仕男が和洋折衷の不思議な料理を巡々に運んで、
今着座したばかりの純之助の前にも敏捷すばしこく三皿列ならべた。
<内田魯庵・くれの廿八日>
出典:
英訳:
blending of Japanese and Western elements
類義語:
対義語:

言葉「わ」


セカンドライフ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/222-677d67c8
    この記事へのトラックバック

    和洋折衷(わようせっちゅう)

    和洋折衷(わようせっちゅう) 意味: 日本と西洋の二つの風俗、様式を適当に取り合わせること。 和洋折中。 用例: 男女サークルの員がだんだんやってきて その炬燵のある和洋折衷の室はやがていっぱいにつまった。 &amp;lt;宮本百合子「一九三二の春」&amp;gt; 出典:…




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。