--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶番狂言(ちゃばんきょうげん)

2010年04月07日 17:35

『茶番狂言』
(ちゃばんきょうげん)

【四字熟語】

【意味】
1.ありふれたことを素材として、おもしろおかしく見せる劇。
江戸時代、歌舞伎役者たちの慰労の趣向から始まったといわれる。
 
2.転じて、すぐに底の割れるような、ばかばかしい行為や物事のたとえ。
茶番劇。


解説:
「茶番」は、茶の準備や給仕をする役。
用例:
出典:
英訳:
類義語:
対義語:


言葉「ち」


茶番狂言 とは - コトバンク

茶番劇(ちゃばんげき) - 語源由来辞典

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/175-72cfe6ab
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。