--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規矩準縄(きくじゅんじょう)

2010年03月27日 15:40

『規矩準縄』
(きくじゅんじょう)

四字熟語

【意味】
物事や行為の標準・基準になるもののこと。手本。きまり。

解説:
「規」はコンパス。円を描くのに用いる。
「矩」は方形を描くさしがね(直角に曲がったものさし)。定規。
「準」は水平を測るための水盛みずもり。水準器。
「縄」は直線を引くための墨縄すみなわ。転じて、物事の基準や法則をいう。
用例:
あながち法則にのみ拘泥して、彼の工たくみが
規矩準縄もてものするごとく強しいて意を枉まげ筆を矯ためて
<坪内逍遥・小説神髄>
出典:
孟子
英訳:
類義語:
規矩標準(きくひょうじゅん) / 規則縄墨(きそくじょうぼく)
/ 規矩縄墨(きくじょうぼく)
対義語:

言葉「き」






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/165-97f85e36
    この記事へのトラックバック



    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。