--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森羅万象(しんらばんしょう)

2009年11月16日 18:51

『森羅万象』
(しんらばんしょう)

【四字熟語】

【意味】
天地の間に存在するすべての事物・現象。

解説:
「森羅」は樹木が限りなく茂り並ぶ意で、たくさん連なること。
「万象」はすべての形あるもの、有形のものの意。
「万象」は「ばんぞう」「まんぞう」とも読む。
用例:
若し夫れ春去り夏来り秋と更り冬と換るは、四時の法度なり。
日暮れ夜継ぐは、一日の則なり。
宇宙間の森羅万象一つとしておのづから法度を有せざるはなし。
<坪内逍遥小説神髄>
出典:
法句経
英訳:
all of creation
類義語:
有象無象(うぞうむぞう)
対義語:





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/13-d94c133a
    この記事へのトラックバック

    森羅万象(しんらばんしょう)

    森羅万象(しんらばんしょう) 意味: 天地の間に存在するすべての事物・現象。 用例: 若もし夫それ春去り夏来り秋と更かわり冬と換かわるは、 四時しいじの法度はっとなり。日暮くれ夜継つぐは、 一日いちじつの則のりなり。 宇宙間の森羅万象一つとしておのづから 法…




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。