--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏の顔も三度(ほとけのかおもさんど)

2010年02月07日 18:28

『仏の顔も三度』
(ほとけのかおもさんど)

ことわざ

【意味】
いかに慈悲深い仏様といえども、その顔を三度も撫でられれば
腹を立てるという意味で、どんなに温厚な人でも、
無法なことを何度もされれば、終いには怒る。


解説:
用例:
出典:
英訳:
類義語:
地蔵の顔も三度 / 仏の顔も日に三度 / 兎も七日弄れば噛み付く
対義語:

言葉「ほ」

【由来の参考サイト】

「仏の顔も三度」 何故三度なの?

ことば こころのはな:仏の顔も三度

仏事Q&A

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakugen2009.blog89.fc2.com/tb.php/115-8515a8c2
    この記事へのトラックバック

    『仏の顔も三度』

    『仏の顔も三度』 (ほとけのかおもさんど) どんなに温和な人でも、無礼が重なれば怒るということ。 ■出典: ■類義語:兎も七日なぶれば噛みつく / 地蔵の顔も三度 / 仏の顔も日に三度 ■英: 四字熟語・格言を覚えよう




    外国為替
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。