--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立つ鳥跡を濁さず

2014年01月28日 21:20

『立つ鳥跡を濁さず』
(たつとりあとをにごさず)

ことわざ

【意味】
立ち去る者は、自分が居た跡を見苦しくないように、
良く始末しなければならない。
また、退き際が潔く綺麗であること。


解説:

用例:

出典:
英訳:
類義語:
鷺は立てども跡を濁さず / 飛ぶ鳥後を濁さず
対義語:
後は野となれ山となれ / 旅の恥は掻き捨て


言葉「た」
スポンサーサイト



外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。