--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛に経文(うしにきょうもん)

2012年04月29日 23:21

『牛に経文』
(うしにきょうもん)

ことわざ

【意味】
どんなに説き聞かせても効き目のないことのたとえ。

解説:
力が弱い赤ちゃんの手をひねることが容易であることから転じたことわざ

用例:

出典:
英訳:
類義語:
馬の耳に念仏 / 犬に論語 / 兎に祭文 / 牛に対して琴を弾ず
/ 馬の耳に風 / 蛙の面に水 / 犬に念仏猫に経 / 馬耳東風
対義語:


言葉「う」


ことわざBLOG

スポンサーサイト



外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。