--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)

2009年11月30日 23:24

『燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや』
(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)

【四字熟語】

【意味】
燕や雀のような小鳥に、菱食や鵠のような大きな鳥のことが分かろうか。
つまり、小人物には、大人物の大志を悟ることなどできはしないという事。


解説:
中国の楚王の陳渉が若い頃農耕に雇われていたとき、雇い主に向かって
「立身出世して富貴になっても、互いに忘れないようにしよう」と言って嘲笑された。
陳渉は
「ツバメやスズメのような小さな鳥にはオオトリやクグイのような大きな鳥の志すところは理解できない」
と言ったという故事による。
用例:
出典:
史記
英訳:
selfishly /one's own way
類義語:
猫は虎の心を知らず / 燕雀いずくんぞ大鵬の志を知らんや / 鵠志
対義語:





スポンサーサイト



外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。