--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽は貧にあり(らくはひんにあり)

2014年05月10日 23:53

『楽は貧にあり』
(らくはひんにあり)

ことわざ

【意味】
貧乏なほうが、気楽に暮らしていけるということ。

解説:

用例:

出典:
英訳:
類義語:
貧にして楽しむ / 食わず貧楽高枕
対義語:


言葉「ら」
スポンサーサイト

磊々落々(らいらいらくらく)

2012年09月03日 23:45

『磊々落々』
(らいらいらくらく)

四字熟語

【意味】
心が大きく、些細ささいなことにこだわらないさま。

解説:
小事にこだわらず、さっぱりしている意の
「磊落」のそれぞれの語を重ねて、意味を強調した語。

用例:

出典:
晋書
英訳:
類義語:
豪宕俊逸(ごうとうしゅんいつ) / 豪放磊落(ごうほうらいらく)
/ 磊落闊達(らいらくかったつ) /磊落豪宕(らいらくごうとう)
/ 磊落不羈(らいらくふき)
対義語:



言葉「ら」




楽あれば苦あり(らくあればくあり)

2012年04月11日 23:43

『楽あれば苦あり』
(らくあればくあり)

ことわざ

【意味】
世の中は、楽なことばかり続くわけではない。
楽な事のあとには苦しい事がある。


解説:

用例:

出典:
英訳:
No pains, no gains.
類義語:
楽は苦の種苦は楽の種 / 楽しみは苦しみの種 / 苦楽は生涯の道連れ
/ 浮き世の苦楽は壁一重 / 悲しみと喜びとは交互に相つぐ
対義語:
苦あれば楽あり


言葉「ら」


四字熟語・格言を覚えよう

洛陽紙価(らくようのしか)

2011年01月27日 12:50

『洛陽紙価』
(らくようのしか)

四字熟語

【意味】
著書が世の人々に賞賛され、盛んに売れて読まれることをいう。

解説:
晋の左思が「三都の賦」を作ったとき、
張華はこれを大いに称賛した。
人々は争ってその詩を書写したので
洛陽の紙の値段は高騰したという故事から。
「洛陽の紙価を高める」「洛陽の紙価を高らしむ」。

用例:

出典:
『晋書・文苑・左思伝』
英訳:
類義語:
対義語:


言葉「ら」


四字熟語・格言を覚えよう

埒が明かない(らちがあかない)

2010年08月25日 12:40

『埒が明かない』
(らちがあかない)

ことわざ

【意味】
事態がいっこうに進展しない。結論がでない。

解説:
「埒」は、囲い。馬場の周囲の柵。

用例:
出典:
英訳:
類義語:
埒明かず
対義語:

言葉「ら」


ことわざ大好き!?




外国為替
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。